サイエンス

message

サイエンス

スターリミルク「サステナ」はアメリカで50年、アジアやニュージーランドでも20年以上にわたる研究開発が継続して進められてきた「免疫ミルク」を商品化した製品です。

「持続」という名のミルク「サステナ」はその研究開発においても、たゆまぬ努力を続けています。人間の免疫システムに対する免疫ミルクの有用性の解明、品質の改善、さらに飲みやすくおいしい形態の開発など、持続する研究開発により、「サステナ」はこれからも、そして50年後もますます進化をつづけてまいります。

免疫ミルク「サステナ」を支えるおもな研究開発陣

1958年〜現在

スターリ研究所 (オハイオ州、米国)
*ワクチンの開発から、超免疫技術の確立
*免疫ミルクの有用性の検証(オハイオサーベイ)
*免疫ミルクの安全性の確認(GRAS取得)

1988年〜現在

デイリーリサーチ研究所(パーマストンノース、ニュージーランド)
*ワクチンの安全性検証
*免疫ミルクの商業的製造方法の確立

1990年〜1992年

ABミルク研究グループ(九大および大手企業5社)
*免疫ミルクの安全性と有効性の検証(野本亀久雄名誉教授)

1993年〜現在

九州大学生体防御医学研究所 (福岡、日本)
*免疫ミルクの有用性の検証(吉開泰信教授、九大副学長)

免疫ミルク「サステナ」を支える主な特許

タイトル 米国特許番号 交付日
免疫ミルクの抗炎症因子分離法及び使用法 4,956,349 1990年9月11日
同上 5,242,691 1993年9月7日
同上 5,352,462 1994年10月4日
同上 5,650,175 1997年7月22日
同上 (08/898,028) 係属中
上記すべての交付済み特許および出願特許は、国際特許協力条約(PCT)およびヨーロッパ特許庁(EPO)の下で公告済みあるいは係属中です。当該海外特許が登録されているのは、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、英国、ギリシャ、香港、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、韓国、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェイ、フィリッピン、シンガポール、スペイン、スイス、そして台湾の各国です。
血管および呼吸器系障害の治療法 4,897,265 1990年1月30日
同上 RE.33,403 1990年10月23日
海外で登録されている国には、オーストリア、ベルギー、フランス、ドイツ、英国、ルクセンブルグ、およびスイスが含まれます。
血圧降下作用をもつ免疫ミルク、その生産、配合及び使用法 4,879,255 1989年11月7日
同上 5,194,255 1993年5月16日
海外で登録されている国には、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、フランス、ドイツ、英国、アイルランド、日本、ニュージーランド、およびスイスが含まれます。
免疫抑制作用のあるミルク製品 5,814,345 1998年9月29日
同上 5,863,561 1999年1月26日
同上 (07/815,630) 係属中
海外では、オーストラリア、ニュージーランド、台湾の各国で当該特許が付与されています。
免疫ミルク製品による原虫起因の胃腸疾患治療法 5,106,618 1992年4月21日
当特許はカナダにおいても付与されています。
ウシ抗体を使用した哺乳動物の受動免疫法およびその合成物 -------- --------
当特許はフランス、英国、アイルランド、日本の各国で保持されています。
寿命延長を図るための免疫ミルクの使用 -------- --------
当特許はオーストラリア、イスラエル、ニュージーランドの各国にて付与されています。
また、オーストリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フランス、ドイツ、英国、ギリシャ、アイルランド、イタリア、日本、ルクセンブルグ、モナコ、オランダ、ポルトガル、スェーデン、スイスの各国で特許出願がなされています。
Tリンパ球生成抑制阻止のための免疫ミルクの使用 (08/419,952) 係属中
哺乳動物免疫付与法(統制ワクチン付与) 4,919,929 1990年4月24日
改良型哺乳動物免疫付与法 (07/881,074) 係属中
当該海外特許は、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、フランス、英国、日本の各国にて効力があります。
リウマチ性関節炎の予防と治療 RE. 33,565 1991年4月2日

免疫ミルク「サステナ」は現在も多くの研究開発が継続して進められており、これらの成果が新たな特許として追加され、今後もますます進化をつづけてまいります。

免疫ミルク「サステナ」を支える科学的研究成果

免疫ミルク「サステナ」の研究は、過去50年にわたり多くの第一線の研究者たちによってその安全性、有用性、そしてメカニズムの解明が研究されてまいりました。これらの継続と積み重ねが免疫ミルク「サステナ」の真の価値であり、他の健康食品やサプリメントとは一線を画す最大の所以であります。

スターリ研究所やその他の免疫ミルク研究機関が行った科学的研究に関する文献の主なものを下記に列挙します。

  • Golay, A., Ferrara, J.M., Felber, J.P. and Schneider, H. (1990) Cholesterol-Lowering Effect of Skim Milk from Immunized Cows in Hypercholesterolemic Patients. American Journal of Clinical Nutrition 52:6, 1014-1019.
  • Filler, S.J., Gregory, R.L., Michalek, S.M., Katz, J., and Mcghee, J.R. (1991) Effect of Immune Bovine Milk on Streptococcus-Mutans in Human Dental Plaque. Archives of Oral Biology 36:1, 41-47.
  • Ormrod, D.J. and Miller, T.E. (1991) The Anti-Inflammatory Activity of a Low Molecular Weight Component Derived from the Milk of Hyperimmunized Cows. Agents and Actions 32:3-4, 160-166.
  • 室崎 S., 吉開 Y., 久保 C., 石田 A., 松崎 G., 佐藤 T., 遠藤 K. and 野本 K. (1991) Influence of Intake of Skim Milk from Cows Immunized with Intestinal Bacterial Antigens on Onset of Renal Disease in (NZB X NZW)F1 Mice Fed Ad Libitum or Restricted in Energy Intake. Journal of Nutrition 121:11, 1860-1868.
  • Owens, W.E., Nickerson, S.C. and Washburn, P.J. (1992) Effect of a Milk-Derived Factor on the Inflammatory Response to Staphylococcus aureus Intramammary Infection. Veterinary Immunology and Immunopathology 30:2-3, 233-246.
  • Flanigan, T., Marshall, R., Redman, D., Kaetzel, C. and Ungar, B. (1991) In Vitro Screening of Therapeutic Agents Against Cryptosporidium - Hyperimmune Cow Colostrum Is Highly Inhibitory. Journal of Protozoology 38:6, S225-S227.
  • 石田 A., 吉開 Y., 室崎 S., 久保 C., 日高 Y. and 野本 K. (1992) Consumption of Milk from Cows Immunized with Intestinal Bacteria Influences Age-Related Changes in Immune Competence in Mice. Journal of Nutrition 122:9, 1875-1883.
  • Tacket, C.O., Binion, S.B., Bostwick, E., Losonsky, G., Roy, M.J. and Edelman, R. (1992) Efficacy of Bovine Milk Immunoglobulin Concentrate in Preventing Illness After Shigella-flexneri Challenge. (1992) American Journal of Tropical Medicine and Hygiene 47:3, 276-283.
  • 石田 A., 吉開 Y., 室崎 S., 日高 Y. and 野本 K. (1992) Administration of Milk from Cows Immunized with Intestinal Bacteria Protects Mice from Radiation- Induced Lethality. Biotherapy 5:3, 215-225.
  • Plettenberg, A., Stoehr, A., Stellbrink, H.J., Albrecht, H., and Meigel, W. (1993) A Preparation from Bovine Colostrum in the Treatment of HIV-Positive Patients with Chronic Diarrhea. Clinical Investigator 71:1, 42-45.
  • Husu, J. Syvaoja, E.L., Aholaluttila, H., Kalsta, H., Sivela, S. and Kosunen, T.U. (1993) Production of Hyperimmune Bovine Colostrum Against Campylobacter jejuni. Journal of Applied Bacteriology 74:5, 564-569.
  • Sharpe, S.J., Gamble, G.D. and Sharpe, D.N. (1994) Cholesterol-Lowering and Blood Pressure Effects of Immune Milk. American Journal of Clinical Nutrition 59:4, 929-934.
  • Goldblum, R.M. and Goldman, A.S. (1994) Immunological Components of Milk: Formation and Function. Handbook of Mucosal Immunology 643-652.
  • Kelly C.P., Pothoulakis C., Vavva F., Castagliuolo I., Bostwick E.F., Okeane J.C., Keates S. and Lamont J.T. (1996) Anti-Clostridium Difficile Bovine Immunoglobulin Concentrate Inhibits Cytotoxicity and Enterotoxicity of C-Difficile Toxins. Antimicrobial Agents & Chemotherapy 40:2, 373-379.
  • Dial E.J., Romero J.J. and Lichtenberger L.M. (1995) Gastroprotection by Dairy Foods Against Stress-Induced Ulcerogenesis in Rats. Digestive Diseases & Sciences 40:11, 2295-2299.
  • Harmsen, M.C., Swart, P.J., Debethune, M.P., Pauwels R., Declercq E., The, T.H. and Meijer, D.K.F. (1995) Antiviral Effects of Plasma and Milk Proteins - Lactoferrin Shows Potent Activity Against Both Human Immunodeficiency Virus and Human Cytomegalovirus Replication In Vitro. Journal of Infectious Diseases 172:2, 380-388.
  • Korhonen, H., Syvaoja, E.L., Aholaluttila, H., Sivela, S., Kopola, S. and Husu, J. (1995) Bactericidal Effect of Bovine Normal and Immune Serum, Colostrum and Milk Against Helicobacter pylori. Journal of Applied Bacteriology 78:6, 655-662.
  • Goldman, A.S., Thorpe, L.W., Goldblum, R. M. and Hanson, L.A. (1986) Anti-inflammatory Properties of Human Milk. Acta Paediatrica Scandinavica 75, 689-695.
  • Tockman, M.S., Khoury, M.J. and Cohen, B.H. (1986) Milk Drinking and Possible Protection of the Respiratory Epithelium. Journal of Chronic Disease 39:3, 207-209.
  • 海老名 T., 佐藤 A., 梅津 K., 石田 N., 大山 S., 大泉 A., 相川 K., 片桐 S., 勝島 N., 今井 A., 北岡 K., 鈴木 H, 紺野 T. (1985) Prevention of Rotavirus Infection by Oral Administration of Cow Colostrum Containing Anti-human Rotavirus Antibody. Medical Microbiology and Immunology 174, 177-185.
  • Tacket, C.O., Losonsky, G., Link, H., Hoang, Y., Guesry, P., Hilpert, H. and Levine, M. (1988) Protection by Milk Immunoglobulin Concentrate Against Oral Challenge With Enterotoxigenic Escherichia coli. The New England Journal of Medicine 318:19, 1240-1243.

ページのトップへ