ヘッダー画像

第三章 「世界大恐慌」

1929年10月29日の株価大暴落と共に始まった世界大恐慌は、たちまち人々を悲惨極まる生活に陥れ、シンシナティだけでも同年に3,721家族が食べる糧と住む家を失い、翌年には6,000家族に増え、さらに2年後には23,188家族が失職、橋の下で暮らすような生活を強いられた。
ラルフのめっき事業も悪化の一途を辿り、ローンが払えなくなった家を貸家とし、妻と2人叔母夫妻の家に移り住むことになった。
1930年、事業の夢を全て失くした彼は、汽車の長旅でニューヨークのニューポート・ナショナル銀行を訪れた。
そこで彼は賭けに出た。
「従業員に給料が払えない。できることは全てやった。ローンの延長をしてくれるか、あるいは、鍵を渡すので私の事業を引き継いで自分たちでやって欲しい。」と会社と工場の鍵一式を銀行家に渡した。
27歳のラルフは、従業員たちが暴動を起こす前に、銀行が怒り出すのを待たず先手を打ったのだ。
電気めっき事業の運営などわからない銀行は、ローンの延長に同意、ラルフは以前にも増して業績挽回に全精力を投入した。

 

その前より、軽量金属を錆付かずしなやかで壊れにくく、見た目にも美しい仕上げにするアノダイズアルミ(陽極酸化アルミ)処理法に取り組んでいたラルフは、運気が向いてきたこの後、遂にその開発に成功した。
さらに転機は1930年、会社が倒産しかけた直後に訪れた。
アルミナム・カンパニー・オブ・アメリカ (“Alcoa”「アルコア」と略称されていた)のセールスマン、ローウェル・グレイと知り合ったのだ。
当時、アルコアのような業界大手でも、アルミニウムの利用法を模索中であった。
ラルフの開発になる当初のヒット商品の一つは、フリッジデア社(大手冷蔵庫メーカー)の冷凍室庫内製氷皿を納めるドア部分であった。
当時一般的であったスズめっき処理のクローム鋼ドアに、ラルフはアノダイズアルミを用いることを考案、ドア製造費が半額で済むこの処方にフリッジデア社は飛びつき、その後冷凍庫が一般化した後も同社はこのドアを利用し、長年に亘ってラルフの顧客となった。