ヘッダー画像

主な特許

特許名 米国特許番号 交付日
免疫ミルクの抗炎症因子分離法及び使用法 4,956,349 1990年9月11日
同上 5,242,691 1993年9月7日
同上 5,352,462 1994年10月4日
同上 5,650,175 1997年7月22日
同上 (08/898,028) 係属中

上記すべての交付済み特許および出願特許は、国際特許協力条約(PCT)およびヨーロッパ特許庁(EPO)の下で公告済みあるいは係属中です。当該海外特許が登録されているのは、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、英国、ギリシャ、香港、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、韓国、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェイ、フィリッピン、シンガポール、スペイン、スイス、そして台湾の各国です。

 

血管および呼吸器系障害の治療法 4,897,265 1990年1月30日
同上 RE.33,403 1990年10月23日

海外で登録されている国には、オーストリア、ベルギー、フランス、ドイツ、英国、ルクセンブルグ、およびスイスが含まれます。

 

血圧降下作用をもつ免疫ミルク、その生産、配合及び使用法 4,879,255 1989年11月7日
同上 5,194,255 1993年5月16日

海外で登録されている国には、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、フランス、ドイツ、英国、アイルランド、日本、ニュージーランド、およびスイスが含まれます。

 

血圧降下作用をもつ免疫ミルク、その生産、配合及び使用法 4,879,255 1989年11月7日
免疫抑制作用のあるミルク製品 5,814,345 1998年9月29日
同上 5,863,561 1999年1月26日
同上 (07/815,630) 係属中

海外では、オーストラリア、ニュージーランド、台湾の各国で当該特許が付与されています。

 

免疫ミルク製品による原虫起因の胃腸疾患治療法 5,106,618 1992年4月21日

当特許はカナダにおいても付与されています。

 

ウシ抗体を使用した哺乳動物の受動免疫法およびその合成物 -------- --------

当特許はフランス、英国、アイルランド、日本の各国で保持されています。

 

寿命延長を図るための免疫ミルクの使用 -------- --------

当特許はオーストラリア、イスラエル、ニュージーランドの各国にて付与されています。また、オーストリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フランス、ドイツ、英国、ギリシャ、アイルランド、イタリア、日本、ルクセンブルグ、モナコ、オランダ、ポルトガル、スェーデン、スイスの各国で特許出願がなされています。

 

Tリンパ球生成抑制阻止のための免疫ミルクの使用 (08/419,952) 係属中
哺乳動物免疫付与法(統制ワクチン付与) 4,919,929 1990年4月24日
改良型哺乳動物免疫付与法 (07/881,074) 係属中

当該海外特許は、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、フランス、英国、日本の各国にて効力があります。

 

リウマチ性関節炎の予防と治療 RE. 33,565 1991年4月2日

免疫ミルク「サステナ」は現在も多くの研究開発が継続して進められており、これらの成果が新たな特許として追加され、今後もますます進化をつづけてまいります。