創立者メッセージ

message

グローバルマーケット

アメリカはオハイオ州のシンシナティに本拠地を置く、スターリ研究所のグローバルネットワークは、世界の28カ国に展開しています。

グローバルネットワークマップ

USAアメリカ

1958年創始者ラルフ・J・スターリが免疫ミルクの研究開発のために設立。以来60年以上の歴史を誇る。

ラルフ・スターリの没後は発明家トーマスエジソンを支えた投資銀行スペンサートラスクが資本参加。

サプリメントと健康飲料で、おもにドラッグストアやスーパーマーケッ トといった店舗での販売を行っている

JAPAN日本

1995年から輸入販売実績はあるが、新免疫ミルク「サステナ」として2008年にスタート。

New Zealandニュージーランド

世界最大の乳業メーカーで、オセアニア地域の乳生産の7割を扱う超巨大企業グループ。

免疫ミルクの製造専用に約3万頭の乳牛を確保。スターリ研究所とは30年以上の提携関係にある。

Taiwan台湾

アジアでは最も古い1992年から免疫ミルクを販売。顧客数10万人、月商12億円。

China中国

日本に続く成長市場として期待されている。すでに香港や上海地域を中心に店舗販売を中心に展開中。

Malaysiaマレーシア

1997年から販売を開始し、顧客数が8万人を突破、月商は10億円。

Indonesiaインドネシア

2004年販売開始。

Thailandタイ

2005年販売開始。

ページのトップへ